[ スポンサーリンク ]





インプレ徹底レビュー&評価

室内のレイアウトが自在にアレンジできる

Pocket

反転フロアボードとシートアレンジで多彩な空間が自由自在に楽しめます。荷物の多い時、長尺物を積み込むとき、車中泊や5人乗る時など、さまざまなシーンに応じて、室内がレイアウトできるので、とても便利に使える車です。

フリードスパイクの室内レイアウト

●反転フロアボードとは荷室の形と高さが簡単に変えられる反転フロアボードです。

[ スポンサーリンク ]


反転フロアボード

下の写真は反転ボードを低床にした状態です。

フリードスパイクの床

反転すれば、自転車などの積載をしやすくするスロープもついた一段低い床になるフロアボード。より背の高い荷物も積めるほか、床面が低くなるため、重い荷物の積み降ろしがいっそうカンタンに。シートのアレンジとあわせ、大空間をさまざまにアレンジできます。ボードはアルミを一部に使った軽量で、反転操作もラクラクできます。低床時には最大荷室高が1,185mmになります。

フリードスパイク

このような2m70cmほどある長いサーフボードでもらくらく積み込めます。前後の右側のシートは使えますので2人でサーフィンにも行けます。

フリードスパイクとサーフボード

サーフボードの先は、運転席のダッシュボードの前あたりまでで、まだまだ余裕でもっと長いもの(3m程度)まで積み込むことができそうです。

フリードスパイクとサーフボード

後ろのシートを倒せば荷物がいっぱい積める荷室ができあがります。

フリードスパイクの荷室

人がたくさん乗る機会が多ければ、3列シートのフリード、荷物を一杯乗せたければフリードスパイク、燃費を重視するならフリード・ハイブリッドかフリードスパイク・ハイブリッドがお勧めです。まずは、フリード/フリードスパイクの中古車を検索してみてください。

[ スポンサーリンク ]





-インプレ徹底レビュー&評価
-

© 2021 フリードスパイク徹底レポート