[ スポンサーリンク ]





インプレ徹底レビュー&評価

フリードスパイクの燃費を改善する方法

Pocket

コンパクト・ミニバンのフリードスパイクは、ちょっとした心がけで燃費を大幅に改善することができます。燃費を改善することがお財布にやさしいだけでなく、CO2排出量を減らして、地球温暖化防止にもつながります。

燃費を減らすためのエコドライブは家族や同乗者にも安心できる安全な運転です。

[ スポンサーリンク ]


使わない荷物は下す

フリードスパイクは、荷室が大きくたくさんの荷物が積めます。キャンプや家族の遊び道具がいっぱい積めるので、使わない日でも荷物を積んだまま運転することもあるかと思います。

しかし使わない荷物を下して、運転するだけで燃費が改善されます。例えば100kgの荷物を積んで走るだけで燃費は3%悪くなります。

また燃費は空気抵抗にも影響されるので、ルーフキャリアやスキーキャリアなど付けている場合、長期間使わないのであれば、外しておいた方がいいでしょう。

車の燃費を把握する

フリードスパイクのデジタルメーターのインフォメーションディスプレイは、オドメーター、トリップメーター、外気温度などが表示されます。ディスプレィの表示切替をすることで、瞬間燃費や平均燃費を表示してくれます。平均燃費はトリップメーターと連動して一定時間毎に更新してくれます。また、トリップメーターをリセットすると平均燃費も同時にリセットされます。自分のフリードスパイクの燃費を把握することで、エコドライブの効果が実感でき、燃費改善にもつながります。

9.6km/lと表示してるのが、平均燃費。停車時に撮影しているので瞬間燃費は表示されていませんが、0km/lから30の間で0.5秒毎の燃費を表示します。

燃費

タイヤの空気圧を適正にする

タイヤの空気圧のチェックを習慣づけましょう。タイヤの空気圧が適正値より不足すると燃費が悪化します。適正値より50kg/cm2より低下すると、市街地で2%、郊外で4%ほど燃費が悪化します。また、エンジンオイル、オイルフィルター、エアクリーナーエレメントなども適切な時期に交換すると燃費を改善します。

ゆっくりスタート、加減速の少ない運転

発信する時は穏やかにアクセルを踏んでスタートしましょう。5秒で時速20kmとなるようにゆっくりと発信することで10%燃費が改善します。しかも安全運転にもつながります。また走行中は無駄な加減速は行わず、一定の速度で運転できるよう車間距離をあけて運転しましょう。加減速を繰り返すことは市街地では2%、郊外では6%ほど燃費を悪化させます。

無駄なアイドリングは行わない

荷物の積み下ろしや、待ち合わせなど10分以上運転を行わない時は、エンジンを切っておきましょう。10分間のアイドリング(エアコン未使用時)で、約130ccのガソリンを消費します。現在の乗用車では基本的に暖機運転は不要です。またエアコンの使用は適切に行いましょう。冷えずぎないように注意し、暖房を行うときはエアコンスイッチを切るようにします。

渋滞を避け、余裕を持って出発する

出かける前に、渋滞情報や交通規制などを確認して、目的地や走行ルートはカーナビなどで予め確認し余裕を持ってから出発しましょう。出発後も道路交通情報や渋滞情報などを確認し渋滞をさければ燃費の向上にもなるし時間の節約にもなります。カーナビなどの情報を活用したエコドライブを目指しましょう。

エコドライブは、誰にでも今すぐに始めることができます。上記のひとつひとつの効果は少ないかも知れません。しかしそれらを総合的にそして継続的に行うことで非常に大きな燃費改善効果が発揮できるます。

[ スポンサーリンク ]





-インプレ徹底レビュー&評価
-,

© 2021 フリードスパイク徹底レポート